FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さあ早くマスターベーションやって見せて

4月に入社して仕事にも全く馴染めず何が何だか分からない内に

ゴールデンウイークがやって来て、長期休みになっても金が無いので

家にゴロゴロしているとO市に住む伯父から連絡が有り

「お前に仕事頼むから」と言ってきました。

伯父の家は農家で畑を潰して今度20世帯のファミリー向け賃貸マンション

を建てるらしく僕の会社は一応東証一部で僕はインテリア事業部にいます。

ゴールデンウイーク明けに課長に相談したところ

「早速、会いに行こう」と言って来ました。

課長とは女で38歳の独身でお世辞にも美人とはいえず

女性しての魅力は全く感じられないキャリアウーマンです。

僕が車を運転して2人で伯父の所に行きました。

伯父と課長がすっかり意気投合して気がつけば夜7時になっていて

会社までは通常3時間かかる距離でも渋滞に巻き込まれた為に

11時になってもまだ会社まではかなりあるのでファミレスで食事した後で

途中にある課長のマンションに泊めてもらう事になったのです。

「変な気起こしちゃぁ駄目よ、貴方を信用しているからね」なんて言われても

初めから課長とはそんな気にはなれず

シャワーを借りた後すぐリビングルームで寝る事にしょうと思っていたら

シャワーを終えて浴室から出ようとした時

脱衣室には洗面台と洗濯機が設置されていて曇りガラスになっている為に

課長が洗濯機を使っているのが分かり、居なくなるまでゆっくり身体を拭いて

髪の毛をタオルで乾かしていた時いきなりドアが開いて課長が顔を出し

「ワイシャツと下着は洗っておいたから」と言いながら課長の目線は

しっかり下半身に向いています。

僕はタオルで隠すこともできず呆然として立っているだけでした。

「すみません」と言葉が出た後で前を隠した時は

課長は後ろを向いており「着替えを持ってくるから」と言いながら

脱衣所を出て行きました。

また戻って来ると言っていたので今度はタオルを腰に巻いて待っていると

直ぐに来て着替えを置いて立ち去り、居なくなったのを確認して再び

身体を拭いた後、置いてある着替えを見たらガウンにタンクトップそれに何と

パンティが置いてあります。

確かに課長は女性としては少し大柄で、僕は細身で男性としたら小柄のほうなので

ガウンや女性用のタンクトップは合うかもしれないが

さすがに女性用のパンティだけは穿けません。

しかも新品では無く課長の穿いたパンティなどとても穿けません。

といって僕のパンツは洗濯機の中で回っているし、考えたあげくパンティは履かずに

ガウンだけ羽織ってリビングに戻るとそこには課長がワインを飲みながら

ソファに座っています。その姿を見てビックリ

キャミソールにショートパンツ姿です、しかもショートパンツからピンクのパンティ

が透けてみえます

相手は課長ですし女性経験の乏しい僕にとって全然魅力は感じなく

参ったな、どうしたものかと思いながら出来るだけ見ないようにしました。

「飲む?」

「いえ、今日は疲れたので休ませて頂きます」

「ちゃんとパンティ穿いている?」

「いえ」

「え、何も穿いてないの?」

「貴方包茎でしょ、包茎は女性用のパンティ穿くと治るのよ」

などと、とんでもないことを言っています

僕にとって包茎は深刻な悩みなので手術しないで済む方法を色々しらべています。

女性用のパンティを穿くと包茎が治るなどとは今までネットに出てきた事は

ありません。

「そうですか」と言ってダンマリを決め込んでいると

「私が持っているパンティの中で一番伸縮性があるのを選んだのよ」

「・・・・・」

「私も一度しか穿いて無くてちゃんと洗濯してあるので遠慮しないでいいよ」

「いえ洗濯が終わって乾くまでこのままでいます」

「しょうが無いわね、治るかかどうか見てあげるからガウン脱ぎなさい」

僕はビックリ慌てて必死になって拒否しても

課長はしつこくペニスを見せなさいと言って迫ってきます。

最後には「これは命令よ、私の命令に従わなければ会社を辞めることになるのよ」

課長は明らかに酔っています。

会社で先輩を怒っている時の顔よりも目がつりあがっていて

まさに鬼の形相です

こうなったら観念するしか無くガウンを脱ぎました。

当然全裸になり女課長の前に立つ事になって恥ずかしさより恐怖心のほうが強く

普段から短小のペニスが益々縮みあがっています。

課長は膝まずいて顔をペニスのすぐ前まで持って来て暫く見た後

おもむろにペニスを持ち上げて裏側をしげしげと見たり

そして、玉を摘まんだりした後皮を剥きはじめました。

「あらちゃんと剥けるじゃない、問題ないと思うけど彼女はいるの?」

いくら鬼課長でも女です、そこまでされるとペニスも少しずつ反応してきています。

「いえいません」

「マスターベーションはするでしょ」

そんな事なんの関係があるのか理解できず

「・・・・・・・」

今度はいくらか優しい表情で「ちゃんと答えなさい」

「はい、しています」

「週に何回している?」

「・・・・・」

また睨んできます

「4回位です」

「え、そんなに、ちゃんと皮剥いてやっている?」

「はい」

「やってみて」

とんでもないことを言い出しました

「そんな事出来ません」

「私は包茎を治すは上手いのよ」

それとセンズリとは関係ないのにと思いながら立ちすくんでいると

いきなり課長によって皮を剥かれた半立ちペニスを口に咥えたのです

驚きの余り身体が固まってしまっても、余りにも上手いく

気持ちがいいので直ぐにフル勃起しだしました。

「さあ早くマスターベーションやって見せて」

課長の前でとうとうセンズリやる羽目になってしまいました。

つづく
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

男性ヌードモデルをオバサンたちがスケッチ。モデルの男性のチンボコに視線は集中

女王様として翔たこうとチャレンジする愛らしい美少女の真の残忍性

コンドーム選びに革命

真面目に働くあの娘も、実はドスケ ベ娘だった

【CFNM】の自動更新動画

勃起していないと男らしくないと勃起を強要させられた

今までのどの女より気持ちいい極上の名器

バター犬代わりにオ○ンコを無理やり擦り付けて舐めさせる

女の中に潜む残忍な悪魔に鳴かされるM男。

管理人おすすめ他サイトの更新情報

フェラで男達を次々としゃぶりまくる!持ち前のエロさとスケベな身体で迫る咲ちゃん

不動の人気を誇る 【CFNM】作品

「はぁぃ、おチンチン出してくださぁぃ」

CFNM体験談 募集中。

CFNM体験談を下記のメールフォームよりご寄稿ください。 当サイトにてご紹介させていただきます。 ※内容により掲載できない場合もありますご了承下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

動画見放題チャンネル

女性向けのラブグッズ
初めて見るセンズリ『…ガマン汁…すごい出てる…』
フェチ作品
『あぁ…オチンチンが…あんなに硬そうに反り返って…』
女性支持率NO1 バイブ
目の前でギンギンに勃起した男性器!『うわ…あんなに…勃ってる…』
スエーデン発究極バイブ
『えぇぇぇ…精子って…こんなに飛ぶんですか!?』
このラブドールがあればもう彼女なんていらない
ウブな素人娘の眼前のチンポ『あの…少しだけ…イイですか?』に
旦那のソレとは違うたくましい肉棒
欲求不満?ただのチンポ好き?初めて見る男のセンズリ
生チ●ポに明らかに興味津々の若妻
『え?スゴぃ…おっきい…』『男の人ってこうやってシテるんだぁ…』
『あぁ…あんなに大きいの…挿れたら…』
リンク
人気書き込みランキング
訪問者数
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。