スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺のマグナムを女達に見せ

「うつぶせになるんだ」

「また」

早紀は頬を紅潮させ、あきらめて、ゆっくりと、ベットの上で、うつぶせになった。

「もっと尻をあげて両脚を大きく広げろ」

「明かりを消してよ」

「だめだ 明かりを消したら良く見えないじゃないか」

早紀は言われるままに、顔をシーツに押し付けて、尻を大きく持ち上げた。

「恥ずかしいよ、こんな格好」

木下はヒップを両手で掴み、開ききった股間を上に持ちあげて脚の間に膝をついた。

「脚をもっと大きく開くんだ」

早紀の大事な部分が木下の目の前にさらけ出された。

丸見えになった花唇からはうっすらと雫がにじんでいる。

木下は目の前の まばゆいばかりの花唇を両手の指でゆっくりと押し広げた。

木下は征服した女には必ずこの格好をさせ女性自身と菊門を眼で十分に愉しんで欲望をそそり立てた後、顔を埋めてゆく・・・

ヘアにかこまれた、ふっくらと充血したピンクの真珠を舌先で転がすように舐め始めた。

「あ あ~ い~」

パックリ割れた両ヒダの中心に舌をすべり込ませ下から上になぞってゆく・・・


早紀は絵画教室を開いているが最近集まりが悪いので木下にヌードモデルになってくれるよう頼んだ。

生徒は全て30~50歳代の女性で、モデルが男性ヌードで通知すると教室は満員になる。

定期的に男性ヌードをやっているが紹介所から来るモデルはマンネリ化しており費用も掛かる。

早紀の男性経験は4人でその中で木下の男性自信はグンを抜いている。

天井を向いて反り返った巨根は太く、傘も大きく開き、先端はへそにくっつくようだ

特に傘の大きさは惚れぼれするぐらい立派で観れば見るほどむしゃぶりつきたくなる。

早紀は男とのSEXは一回きりと決めている、そのほうが後腐れなくていいと思っていたが・・

木下はモデルになる見返りとして早紀の身体を要求してきたので木下とのSEXは2回目となった。

「私のオ〇ンコ舐めて と言え」

「そんな恥ずかしい言いえないわよ」

「言わないと俺のマグナムを女達に見せてやんないぞ」


早紀は女生徒達が木下の男性自信を見たら教室を辞める事は無いだろうと思っている。

それぐらい立派な一物を木下は持っている。

このままでは生徒が集まらず教室を維持できないので早紀は明日の教室では思い切ってその一物を勃起させようと思っている。

「どうしても言わなきゃいけない?」

「早く言え」

「言うわ、言うから明日の教室ではこれを勃起させて貰うわよ」と言って早紀は木下の竿を握り締め 傘の尖端を唇に含んだ。
関連記事

僕のおちんちん観て下さい

私はランジェリーショップを開業してから10年になります。

売り上げが伸び悩み、3年前からオーダーメイドに切り替えました。

体型に合わせて下着を作るのですが、ほとんどがブラジャーで市販のブラだと5センチ刻みでアンダーバストとトップを計測して例えばB75と決まるのですが

当店は1センチ刻みで、20種類のレースから選び、お好みのベースカラーと組み合わせてカップスタイルを選ぶので顧客には好評です。

少ないですがパンティもウエスト、ヒップ、股周りのサイズに合わせて作り上げるので少しづつ顧客が増えています。

当然の事ながら顧客はすべてが女性です。

ある日、やはりオーダーメイド店を経営している知人のオーナーから連絡が有り

「長期入院する事になったので、お客様を一人担当してほしいの、名前は関さん」との依頼がありました。

私はラッキーだと思い、すぐに引き受けたのですが・・

知人「関さんは男性で事情は本人から聞いて下さい」との事でした。

私は えーと驚き、男性がどうしてと思い、予約日の当日を待ちました。

関さん「こんにちわ、ママさんから紹介されて来ました」

お店に入って来たのは、スーツを着て普通のサラリーマン風でした。

イケメンで背たけは180センチ位で本当にカッコいい男性です、、公務員で32歳だそうです。

私  「何をお望みですか?」

関さん「ママさんから聞いていませんか?」

私  「何も聞いてないけど」

関さん「じゃ、始めから説明しますので試着室を貸してもらいますか」と言って試着室に入り、カーテンも閉めずに着ている物を脱いで行きました。

私はあ然として成り行きを見てたのですが、最後の一枚になったパンツを見た時、もう驚き、仰天しました。

パンツは鮮やかな紫色のブラジリアンでヒップはレース、クロッチとフロントの半分はシースルーで、しかもシームレス(縫い目が少ないこと)で作り上げています。

これは女性用に劣らずセクシーパンテーでクロッチとフロントはシースルーなので男性自身がほとんど見えます。

身体は筋肉質で余計な脂肪は一切無くパンティ姿は超セクシーです。

関さん「このパンティはママさんから作って貰ったのですが、こんな感じのパンティを作ってほしいですよ」

私はなんて言っていいか言葉が出ません。

趣味で月に2回、会員制のクラブでダンスをやっていて、パンティスタイルで踊る事になっているようです。

お客はほとんどが女性で、大会社の重役婦人、政治家の奥さん、有名女優、などが多く

中には有名女性デザイナーもいて、同じパンティや安物パンティを穿いているとすぐクレームがくるのだそうです。

しかも男性自身は全て見えると風俗違反になり立場上まずいのでペニスが半分位隠れるようにクロッチとフロントはシースルーや網目状にするのですが、あまり隠すとクレームが入るそです。

と説明を受けたあと、なんとパンティまで脱ぎ全裸で私の前に立ちました。

私「きゃー」と言って驚き思わず両手で顔を覆いました。

関さん「ごめんなさい驚かして、けど恥ずかしがらないで下さい、ママさんにはいつもこうやって作って貰っています」

知人のオーナーは毎回、通常時のペニスの大きさと勃起時の大きさを測って2種類のパンティを作って居たようです。

1日、2回ショーが有り2回目はペニスを勃起させて出るとお客は非常に喜ぶのでそれに合わせてパンティも作ってたようです。

関さんはケッコー人気者でギャラも多く、生活費は公務員給料で十分なので、ギャラを全部パンティ費用に使うらしく、上等の顧客になるのでいいのですが・・

私はお店を開業前に離婚して男は懲りたのでここ10年以上はペニスは見てませんし、ましてやペニスに触るのはとても恥ずかしくまともに見たり触ったりする事は出来そうも有りません。

関さんは恥ずかしそうに目をつぶっている私に

関さん「こんな物、男なら全部付いているので特別たいした物ではないですよ、お願いですから恥ずかしがらずに良く見て下さい」

と言って、本当に必死で私に頼んで来ます。

関さん「ここで断られると、もう頼む所がないんでお願いします、僕のおちんちん観て下さい」

今にも泣きそうに言ってくるので、かわいそうになり、私はとうとう負けてしまい、目を開けました。

目の前に立派なペニスがあり全裸姿は言葉に表せないぐらい綺麗です。

いままで女性も含めてこんなに美しいと思った全裸を見た事がありません。

ペニスを見るのは久しぶりで、恥ずかしさで胸がドキドキしますが、あまりにも衝撃的な美しさだったので目がペニスにクギ付けになりました。

ペニスの皮は剥けており亀頭はピンク色で傘も大きく開いています。竿は少し黒味かかって血管が一本あります。

もう私は興奮して頭がクラクラします。

さすがにダンサーだけありアンダーヘアは良く手入れしてあります。

関さん「あ 見て貰えたんですね、ありがとうございます、以前パイパンにしたらクレームがあったので陰毛は残してあるんですよ」と関さんは言ってます。

良く観察した後、勇気を出して思い切って触ってみました。

関さんは本当に嬉そうです。

ペニスと睾丸の型を取りながら30分も見たり触ったりしていると最初の羞恥心は無くなり、ペニスを勃起させたら、

結婚してた始めの頃、主人の物をよく口に咥えてあげていた事を思い出しました。

関さんのペニスを口に咥えてあげたらどんな反応があるか興味が沸いてきましたが、それは今度にします。

パンティは10日後に出来上がる予定です。
関連記事

パンツもじゃまだから脱がすよ

私 父親の整骨院で働いています、小学校3年の時から柔道をやっていて大学生になってから父親の仕事を時々手伝うようになり,卒業しても他には就職せず柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師の免許も取得してそのまま続けいて居ます。

私が患者さんと接触するようになってから女性の患者さんがかなり増えたと父も喜んでいます。

女性の患者さんでも強く揉んでほしい時は男性のほうがいいと言われますが身長168cm体重80k(ダイエット中)の私は腕力も男性に負けない位有るので女性には人気があるみたいです。

特に女性の場合下半身治療の時はやはり同姓のほうが安心するのでしょう。


私「あら ユーちゃんじゃない」

ユー「え どうしてお前がここにいるんだよ」

私「免許を取って私も患者さんを診てんのよ」

ユー「あそうなの 今日 先生は?」

私「父は 専門学校の講師で今日は居ないの、何処か悪いの?」

ユー「今度東京マラソンに出るんだけど練習中に股関節が少し痛むので先生に見てもらおうと思って・・・先生が居ないんなら又後で来るよ」

そういえば中学・高校とユーちゃんは陸上部でその頃からよく ここに来てました。

ユーちゃんとは小学校から高校まで同じ学校の幼なじみで大学を卒業した後 現在市役所に勤めています。。

小学校の時はいじめられっ子で、女の子とは言え身体が大きく腕力もある私がよくかばってあげたものです。

私はユーちゃんが大好きで将来はユーちゃんのお嫁さんになると決めていました。

小学校3年の時、いじめっ子達からパンツを脱がされ泣きべそをかいて居た時も私がかばってあげてパンツまで穿かせてあげた事も有ります。

父が居ないと言って帰ろうとするのを入り口でさえぎり

「私が診るから大丈夫よ」

「エー お前が診るのか? いいよ又来る」と言うユーちゃんを無理やり診察台にのせました。

「股関節のマッサージするのでズボン脱いでパンツだけになって」と言っても激しく抵抗して帰ろうとします。 

そんな嫌がるユーちゃんのズボンを無理やり脱がせました。

目に飛び込んで来たのは鮮やかなイエロー色のピッタリパンツでフロント部分がもっこり 凄くエッチぽいパンツです。

今の24歳位の男性はこんなパンツを穿いているのかなと思いつつ 嫌がっているにも関わらずマッサージを始めました。

大好きで結婚しようと思っている男の子なのでマッサージと言うよりタオルをかけずに股関節近くの性感帯を中心に優しく揉んであげました。

最初嫌がって恥ずかしそうにしていたユーちゃんの表情もだんだん気持ちよさそうな顔に変わってきます。

もっと気持ち良くしてあげたくて普段は絶対にしないペニスの根元に移動して手の甲が自然にパンツの上からペニスと触れるように揉み始めました。

暫らく揉んでいるとパンツの中がドンドン大きくなっていくのが目に見えてわかります。

大好きな男性が気持ちよさそうにしている顔を見るのは本当に嬉しいものです。

すると私も小学生の時見た おちんちん が今どれ位大きくなっているか凄く興味が沸き将来結婚する夫と決めているので確かめずに居られなく成りました。

私「ユーちゃん パンツもじゃまだから脱がすよ」と言うと同時にパンツを膝まで下げました。

当然勃起したペニスが目の前に現れます、私は思ってたよりはるかに大きなペニスだったので本当にびっくりです

皮は剥けて亀頭はピンク色で竿は赤黒くお腹まで付く位 反り返って15~6センチ位はあり、太さもかなりあります。

成人男性のペニスを見るのは初めてですが大好きな男の子のペニスなので恥ずかしさよりも いとうしさを感じます。

私のバージンはユーちゃんの為に取って置いたのでまだ処女です。

今までユーちゃんからパンティを脱がされあそこにペニスを挿入される事などを想像してクリトリスを触りながら一人エッチを何回もしました。

勃起したぺニスを目の前にして小学生の時見たあの おちんちん がこんなに大きくなってと感激し 見入りました。

このペニスが私のあそこに入ってくるのかと思うとオナニーとはまた別な気持ちよさであそこが濡れて来ます。

ところが

ユー「なにするんだよ」

ユーちゃんは勃起したペニスを両手で覆いながら上体をおこして私を睨んでいます。

私「いいじゃない どうせ私達結婚するんだから」

ユー「なんだって そんな事いつ決まったんだよ」

私「小学校3年の時、ユーちゃんがいじめっ子からパンツを脱がされ、私が助けてあげた時(私をお嫁さんにしてくれる?)と言ったら

ユーちゃんは(うんしてあげる)と言ったじゃない」

ユー「そんな小学校の時の事など覚えてないよ」

あいかわらず勃起したペニスを両手で覆っています。
関連記事

卒業式に担任の先生と

親が比較的裕福なお陰で長野から出て来て東京の大学付属高校に通学する為に一人でマンションに住んでいます。

高校の卒業式の4日前に駅の階段から足を滑らし右足首と両手首をねん挫してしまいました。

ベットから起きられる状態で無いので、電車で1時間位の所に居て、OLしている姉に仕事の合い間に来て貰っています。

姉「純 先生が卒業証書持って来てくれるって、電話もらったよ」

僕「あ そう」

姉「じゃ仕事に行くから、これ ここに置いておくから大丈夫だね」

姉はそう言いながら尿瓶をベットの横の台において出て行きました。

姉が居れば肩につかまり、どうにかトイレに行く事が出来るが

一人で松葉杖を使うと左手がどうにか動く程度なので、どうしても時間が掛かってしまう為に姉が尿瓶を買ってきてくれました。

ピンポーン

先生「卒業証書持って来たよ」

僕 「開いてます、どうぞお入り下さい」

先生「卒業おめでとう、どう具合は」

僕 「ありがとうございます、だいぶいいですがまだ動けません、卒業証書は友達に頼んでおいたよ」

先生「そう言ってたけど、担任としてはケガが気になったので見に来たわけ」

先生は38歳の女の先生でスタイルが良く、胸がブラウスのボタンがはじけそうな位大きく、美人であるので

男子学生の間では凄く人気がありました。

10分位雑談していたら、今日は1回もトイレに行って無かったせいか急に尿意がおそってきたので

僕 「先生、トイレに行きたいですけど手伝ってもらえますか」

僕は先生に起こしてもらって、肩をかりてトイレに行こうと思ったのだが

先生は横にある尿瓶を見て勘違いしてしまって

先生「あー いいよ 母にもいつもやっているから」

といいながら掛け布団をはいで、僕のパジャマのズボンを下げようします。

僕はズボンを手で押さえ

僕 「違います先生 肩を貸してもらえばトイレに行けます」と言ったのですが・・

先生は尿瓶が有ったので自分の母親と同じであると思い込んでしまった見たいです。、

先生「大丈夫よ任せなさい」といって思い切りズボンを下げてしまいました。

僕はブルーのビキニパンツをはいて居たので超恥ずかしくおもわず目をつぶってしまった。

先生「あらこんなパンツはいてるの」と言いながら嬉しそうに

先生「パンツも下げるけど恥ずかしく無いからね」

僕「先生やめてよ、歩いてトイレに行けから」と言いながら必死に左手片方でパンツを押さえたが

ケガをしている上で片方の手もいためてて力が入らない・・・

先生は僕はただ恥ずかしいと思っていると勘違いして

先生「私は純君の担任なんで恥ずかし事なんか無いから」

と訳の分からん事を言いながらとうとうパンツを下げてしまった。

えーうそだろ、18歳の僕には女の先生におちんちんを見られる事は恥ずかしさでいっぱいです。

先生「あら案外立派ね、子供だと思っていたらちゃんと毛も生えてるし」

なんて言いながら、僕のおちんちんをジーと見ています。、

あそーか、先生は僕はまだ子供だと思って居たんだ、と思うと何と無く羞恥心が無くなり言われるままにしようと思いました。

身体を左向きになった後

先生「純君、これからおちんちんを尿瓶の中に入れるからそしたらオシッコしてもいいからね」

とまるで子供扱いです。

逆に僕のほうは羞恥心が無くなると先生を1人の女性と思えるようになりました。

先生は左手で尿瓶を持ち右手で僕のペニスをつかんでペニスを尿瓶の中に入れました。

先生「純君、オシッコしていいよ」

先生のペニスのつかみ方凄く上手く、僕の意思に反してどんどん大きくなって行くます。

先生「純君、オシッコでないの」と言いながら、手でつかんでいるペニスがどんどん大きくなっていくので、さすが驚いた顔をしてます。

先生もこんなになるとは思ってなかったのか、

先生「えー何これ、どうして」といいながらしっかりペニスをつかんでいます。

ペニスが大きくなり尿瓶を下に向けられて居るとペニスが痛くなったので

僕 「先生、痛くなったので尿瓶を抜いてください」と頼みました。

先生「あそー わかった」と言いながら先生が尿瓶をペニスから抜いた途端、ペニスはお腹に付く位大きく反り返っていました。

僕のペニスは普段は皮被りですが大きく勃起すれば亀頭が出てきます。

子供だと思っていたらペニスが大人並に大きく勃起したので先生の顔は驚きと羞恥と歓喜が同時に現れたような表情になり、言葉が出ないようです。

先生は18歳の男性は子供のおちんちんでは無く大人のペニスであるとの認識をもったようです。

先生は急に恥じらいのある顔でしばらく勃起したペニスを見てた後、気を取り直して

先生「あーびっくりした、こんなに大きくなるなんて、もう大人と変わらないね」と言いながら

先生「オシッコはでないの?」

先生は勃起したペニスからはオシッコが出にくいのは知らないようです。

僕 「オシッコしたいんだけどペニスが勃起するとオシッコでないんだよね」

先生「えーそうなの、じゃどうすればいいんだろ」

僕 「ケガしたので暫らくセンズリしてないんで溜まって居るんだよ」

先生「センズリって オナニーの事?」

僕 「そうだよ」

先生「純君は月何回ぐらいオナニーするの?」

僕 「月じゃないよ大体2日置き位でセンズリするよ、クラスの中には毎日してる奴もいたけど」

先生「そんなにするんだ・・・最後にしたのはいつ?」

僕 「ケガしてからは手が旨く使えなくて、大体1週間前かな」

先生「1週間前なら溜まっているわね」と先生はさすがに困った顔をしています。

その間も先生は勃起したペニスをしっかり見てます。

僕はペニスを見られるのは最初は恥ずかしかったのですが、ずーと見られているうちに何とも言えないいい気持ちになって来ました。

そうなると大胆な思考がうかんできます。

僕 「先生が僕のおちんちんを つかんだんで大きくなったんだよね、僕は手が使えないので先生センズリ手伝ってよ」

先生「そんな事できる訳ないでしょ」と怒って言ってますが、顔は笑っています。

僕 「このままずーとオシッコ出来ないと病気になっちゅうよ」

先生はペニスを見ながら暫らく考えて

先生「しょうがないわね、オナニーの手伝いなんかやった事無いけど・・」

先生はやった事無いと言いながらペニスを右手で軽く握り、上下にゆっくりうごかしていきます。

物凄く上手く、慣れている感じです。

自分でやるよりも凄く気持ちよく、すぐにいきそうになり

「先生 でそう」と言ったら、テッシュをすばやく亀頭にあてがってくれました。

これもいつもやっているような感じがします。

1分もしない内にいつもより活き良いよく射精しました。

しかし困ったことに1回射精してもペニスが通常に戻りません、先生も困っています。
関連記事

ユーザーから パンツも脱いで

独身でIT企業に勤めています。

主にゲームのソフトを作っている会社です。

会社の業績は順調なのですが、私は何故かパソコン担当です。

パソコンはスマホやタブレットに押されてかっての勢いは無いのですが、まだまだ需要が在ります。

今回のユーザーは35才の女性で独身です。

営業の成績が認められ管理職になったらしく、ワード、エクセル、パワーポイントの短期集中講座の依頼です。

土、日にユーザーのマンションに訪問して1日3時間のレッスンです。

私   「おじゃまします」

ユーザー「いらっしゃい、あら、案外若いのね、お幾つ?」

私   「28才です」

あーそーと言いながら、ユーザーは嬉しそうです。

パソコン設定してインターネットにつながり、yahooで検索の仕方を簡単に説明した後、ワードのレッスンに入りました。

1時間後、休憩した時の事です。

ユーザー「お疲れ様」と言いながらお茶を入れて貰いました。

そのお茶が物凄く熱いのです。

私はあまりにも熱いのでテーブルの上に置いたまま、次のエクセレの準備をしていました。

横に置いてある資料を取ろうとした時、ユーザーが誤って?茶碗を倒したのです。

結果、熱いお茶が私の股間の上にもろにかかりました。

私 「熱いー」と思わず叫びました。

ユーザー「ごめんなさい、今、冷たいタオル持ってくるからズボン脱いどいて」と言って、なぜか既にタオルを冷凍庫に冷やして置いたらしく、すぐ持ってきました。

私は大丈夫ですと言いながら、ハンカチで濡れたズボンを拭いていましたが・・・

ユーザー「大丈夫じゃないわ、火傷は冷やさないとだめ、早くズボンを脱ぎなさい」と言って命令調です。

私の会社の上司はユーザーからのクレームを一番嫌い、クレームが入るごとにボーナスが減らされます。

私は恥ずかしさよりもクレームを出す事だけが心配で言われるままにズボンを脱ぎました。

私は普段、自分で身につけるパンツは凄く凝っており、今日は レースのハーフバックパンツを穿いて来ました。

フロント部分は白いレースで、男根だけを覆っているパンツです。

そこにズボンの上からとはいえ、パンツにも熱いお茶がかかったので男根は熱かったのですが、中の男根は透けてクッキリ見えるので恥ずかしさでいっぱいです。

ユーザーの会社はアパレル関係らしく「男性も下着にオシャレにならなきゃ」とスケているパンツを見て笑いながら褒めてくれました。

その後パンツの上から男根を冷やしてくれたのですが・・

ユーザー「やはりパンツの上からじゃだめだわ、直接冷やさなきゃ、パンツも脱いで」と又命令調で言います。

私はそれだけは、さすがに恥ずかしくて出来ないので

私 「本当にもう大丈夫ですので」と冷えたタオルを受け取り自分でパンツの上から男根を冷やしました。

ユーザー「何いってんのよ火傷は直接冷やさないと大事な所が水ぶくれになり、病院に行けばもっと恥ずかしい思いするわよ」

と言って怒った顔で私を睨みながら両手でパンツつかみ、下にさげてしまいました。

私は立って居たので、膝まずいているユーザーの目の前に6cm位の通常時のペニスが出てしまい、モロ見えです。

ユーザー「久しぶりだわ」なんて言いながら、ペニスを左手で摘んで亀頭から裏筋、竿の部分を右手の人指し指で触りながら火傷の痕を調べています。

私は去年別れた彼女以外にはペニスを見られた事も無いし触られた事も無かったので、物凄く恥ずかしく「自分でやりますから・・」と言ったのですが

ユーザーは聞く耳もたずにペニスをじっくり見ながら、いじくりまわして検査しています。

ペニスは縮まったままなので、「場所が良く分からないわ」と言い「こうすると大きくなるのよね」と言ってペニスの皮を上下に動かし始めました。

当然ペニスは自分の意思に反して大きくなっていきます。

ユーザー「あ、分かった、ここだわ」

勃起したので火傷で赤くなって居る場所が分かったみたいです。どうやらペニスと睾丸の付け根あたりのようです。

「そこのベットに横になって」と言われたので私はペニスが上になるようにしてあお向けになりました。全く情けなく  恥ずかしいカッコーです。

その間にユーザーはハンカチで冷凍庫の氷1個を包んで、右手でペニスをつかみながら左手で火傷の場所にあてがいました。

ユーザーは「ごめんなさいね」と何回も繰り返し「ここを火傷させたら貴方の彼女に申し訳ないわ」などと勝手に思い込んで言っています。

しかしながら、女性からペニスを触られるのは恥ずかしさもありますが、何とも気持ちがいいものです。

冷たい氷の為にペニスは縮んでいったので、ユーザーは右手でペニスの皮を上下に動かし勃起の状態を保つようにしています。

私はこの事を会社に知れたらボーナスを減らされるどころか、首になるんじゃないかと、そればかり心配してましたが

ユーザーの顔を覗き見すると凄く楽しそうなのでその心配は無くなりました。

その後、射精したのは勿論ですが 水ぶくれ も無く火傷の痕も残りませんでした。
関連記事

極めて本物に近いラブドール

男性ヌードモデルをオバサンたちがスケッチ。モデルの男性のチンボコに視線は集中

女王様として翔たこうとチャレンジする愛らしい美少女の真の残忍性

コンドーム選びに革命

真面目に働くあの娘も、実はドスケ ベ娘だった

【CFNM】の自動更新動画

勃起していないと男らしくないと勃起を強要させられた

今までのどの女より気持ちいい極上の名器

バター犬代わりにオ○ンコを無理やり擦り付けて舐めさせる

女の中に潜む残忍な悪魔に鳴かされるM男。

フェラで男達を次々としゃぶりまくる!持ち前のエロさとスケベな身体で迫る咲ちゃん

不動の人気を誇る 【CFNM】作品

「はぁぃ、おチンチン出してくださぁぃ」

CFNM体験談 募集中。

CFNM体験談を下記のメールフォームよりご寄稿ください。 当サイトにてご紹介させていただきます。 ※内容により掲載できない場合もありますご了承下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

動画見放題チャンネル

女性向けのラブグッズ
初めて見るセンズリ『…ガマン汁…すごい出てる…』
フェチ作品
『あぁ…オチンチンが…あんなに硬そうに反り返って…』
女性支持率NO1 バイブ
目の前でギンギンに勃起した男性器!『うわ…あんなに…勃ってる…』
スエーデン発究極バイブ
『えぇぇぇ…精子って…こんなに飛ぶんですか!?』
このラブドールがあればもう彼女なんていらない
ウブな素人娘の眼前のチンポ『あの…少しだけ…イイですか?』に
旦那のソレとは違うたくましい肉棒
欲求不満?ただのチンポ好き?初めて見る男のセンズリ
生チ●ポに明らかに興味津々の若妻
『え?スゴぃ…おっきい…』『男の人ってこうやってシテるんだぁ…』
『あぁ…あんなに大きいの…挿れたら…』
リンク
人気書き込みランキング
訪問者数
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
カテゴリ
最新記事
カテゴリ
カテゴリ
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。