FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だめよ~だめだめ

叔母は僕より僅か八つ上の31歳です。

田舎の実家で僕が中学生の時はまだ国立大学の学生でした。

実家が比較的大きな農家で祖父母や両親は朝早くから田んぼや畑に行っていた為

僕は小さい時から叔母に面倒見てもらいました。

小学生の間中は叔母と一緒にお風呂に入っていたのです。

そんな叔母が卒業と同時に東京の大手化粧品会社に就職して

上京した時は凄く悲しかった事をよく覚えています。

今は隣のS県でマンションを購入して1人で住んでいます。

叔母は人に優しく頭も良く料理も上手いです。

しかも凄い美人で化粧品会社ではモデルを務めているみたいです。

僕が高校を卒業して東京の大学に入学時アパートを探す事になった時も

親身になって不動産会社にあたってくれました。

そんな叔母ですが唯一の欠点はお酒好きです。

お酒も多少たしなむ程度ならいいのですが後で自分が分からない位飲んじゃうんです。

僕のアパート探しの時も1人暮らしなので1DKでよかったのですが

無理やり2DKにしたのは1部屋は自分で使う為でした。

しかも職場から比較的近くにです。

飲んで遅くなった時など僕のアパートを月1で利用していますが

12月になると週1回のペースになります。

その日も叔母は忘年会があったらしく夜中に酔っ払って来たのです。

しかしその日の酔いかたは尋常じゃ無くいつもは自分で部屋まで行く叔母が

入って来るなり玄関に倒れ込んで寝てしまったのです。

意識の無い叔母を抱え込んでベットまでは運びどうにか寝かした時

偶然にもスカートの裾がめくり上がりパンストからパンティが透けて見えたときには

自分の意思とは関係なく肉棒がドンドン硬くなっていました。

小学校高学年になり叔母と一緒にお風呂に入った時は決まって恥毛の中は

どうなっているんだろうと恥毛の奥を見る事が長年の僕の願望でした。

叔母のマンコが見たい。

今まさに長年の思いを実行に移す時です。

プロポーションがバツグンのボディから上着を脱がした後で内心ドキドキしながら

ぴったりしたスカートのホックを外しジッパーを下げ熟成した肉体の下半身から

引き抜くようにして脱がしました。

白いブラウスの下から太腿を覆ってるパンスト越しに股間に食い込んだ

紫色のパンティがハッキリ見えた時は膨れた股間がドクンドクンと波打ってきて

もう我慢できずパンストの上に両手をかけパンティと一緒に脱がし始めていました。

露出された美しい下半身をジックリ見ている余裕など無く

ともかく早くマンコが見たくて両腿を開かせ間に入って急いで陰毛をかき分け

小陰唇を両手で押さえ大きく開きました。

これが叔母のオマンコだ、やっと長年の思いがかなった。

生まれて初めて見るパックリ開いた生身のオマンコはまぐろの赤身色していました。

思わずむしゃぶりつきたくなり顔を近づけた時

「だねよ~だめだめ」

叔母の声がいきなり聞こえてきたのです。

「その先はだめよ」

僕は思わず顔を上にあげたら微笑んでいる叔母の顔が見えました。

怒ってなさそうです。

「イケナイ子ね、そんなに私のあそこが見たかたの?」

「・・・・・」

「私 知ってたよ、小学校の時からお風呂ではいつも私のここをじーと見て

 おちんちんを起たせていたよね」

と言いながら叔母はM字に開いた両股の奥にあるぱっくりマンコを指さしました。

「今だ童貞で彼女が居ないのは私のせいかなと思ったので今日はわざと

 酔ったふりをしてここを見させてあげたのよ」

「・・・・・・」

「けど見るだけよ」

と言いながら起き上がるなりすばやくパンティだけを穿き

僕をベットに倒してパジャマのズボンとパンツを一気に引き下ろしました。

この時を待ってたかのように勢いよく飛び出したペニスを叔母は観察するように見て

「あの時は小指ほどのおちんちんがこんな大きくなって」と感慨ぶかそうに言いながら

幹を握り締めてゆっくり上下に何回か動かした後唇を押し当ててきました。

つづく

私のオマンコ見てと言える? 言ってごらんなさい

私は昔から男の人が苦手で27才になるまで、男の人とお付き合いをした事が有りませんでした。

男の人の近くに寄っただけでも萎縮してしまい、手も握ったことも有りませんし、今だ男性経験は有りません。

ところが初めて素敵だなと思う男性と知人を通じて知り合いになりました。

優しく、思いやりも有り、私の話も黙って聞いてくれます。

今では彼を大好きになり、結婚を前提としてお付き合いしようと思っています。

彼を喜ばせてあげるにはどうしたらいいか、すでに結婚して子供もいる親友の由美に思いきって相談しました。

由美は私が男性経験が無い事も、男性恐怖症である事も知っているので喜んで相談に乗ってくれました。

由美「私も結婚する前に一度行った事がある、レデース・ガイド・クラブに行って見る?」

私 「何それ?」

由美「まだ未経験の女の人に男性のモデルを使っていろいろ教えてくれる所よ」

私 「そんな場所有るの? なんだか怖そうね」

由美「全然大丈夫よ、コーディネーターは女性だし、モデルも若くてカッコいいし、凄くためになるよ」

私 「・・・・・・」

由美「完全紹介制で、全く安心だわよ、ちょっと高いけど、十分価値があるよ、ね 行ってみようよ」

そうゆう事で由美から紹介して貰い、予約を取って貰いました。

ビルの1室で真ん中にベットがあり、椅子が2コ置いたあるだけのシンプルな部屋です。

椅子に座って暫らくしたら、看護師風の白衣を着た35~6才のコーディネーターの女性と上半身裸でパンツ1枚だけの20代後半の男性が部屋に入って来ました。

男性は確かにカッコーいいのですが、アイマスクで目隠しをしてあり、顔の表情は良く分かりません。

紅白の旗が付いた棒を両手で一本ずつ持ち、ベットの上で仰向けに成りました。

コーディネーター「当クラブは男性を悦ばせる為のテクニックを教える所です」

私 「宜しくお願いします」

コーディネーター「始めはビックリするかもしれませんが勇気をもって体験してください、最初私がやりますからその後同じことをして下さい」

私 「・・・・・」

最初コーディネーターは男性の乳首を唇と舌でチョロチョロ舐めて行き、だんだん下にさがっておへそまで来た時、パンツに手をかけゆっくりおろしていきました。

私は、いきなり男性の太いモノが目に飛び込んできたので、顔を横にそむける暇も無く男性器をモロに見てしまいました。

私は血管を浮きだたせて膨張する男性器を生まれて初めて見て、ただただ羞恥と歓喜と興奮で頭が真っ白です。

長さは14~5cm位で、色は浅黒く、亀頭は薄く赤みがかかって居ます、私が想像してた物よりかなり太いです。


コーディネーター「ペニスを見るのは初めて?」

     
私「ええ、初めてです、この大きさは普通ですか?」


コーディネーター「ほんの少し大きいほうかな、たとえ彼のは小さくても気にする事ないよ、それと絶対に彼にペニスの大きさの話をしてはだめよ」

そんな私にコーディネーターは亀頭、カリ首、外尿道口、裏筋、金玉袋など男性器をつまんでの各部分の説明をしてくれました。

亀頭が一番 男性が感じる場所で女性のクリトリス部分に当たることも教えてくれました。

もう本当に恥ずかしさで心臓が破裂しそうでしたが、どうにか男性器を見続ける事が出来ました。

コーディネーター「はい、最初はここまで同じようにやって下さい」

私はそんな事、出来そうも無いので立ちすくんで居たのですが、コーディネーターから優しく指導を受けたり

男性器の説明を受けて見続けたおかげで何とかパンツを下ろす事ができましたが本当に勇気が要りました。

しかしその後の行為はとんでもなくすごかったです。

コーディネーター「それでは次の行為をおこないます」と言いながら右手で男性器をつかんで上下に動かしました。

私は、またまたビックリです。

コーディネーター「ペニスは豆腐を持つように優しく持ち、上下に激しく動かします、ゆっくり動かしても男性は気持ち良くならないので激しく動かしてください」

ビックリする私の目の前で、男性器はどんどんと硬くなって行き、太くて、たくましくそそり勃ちました。

私は男性器を見るのは初めてなのに、ましてや手でつかむなど出来そうも無かったのですが、

コーディネーターの「好きな彼にやってあげると考えなさい」と言われ、時間がかかりましたが、何とか勇気を出して男性器つかむ事が出来たのですが・・・

男性器を上下に動かしてモデルの男性が気持ち良ければ右手の白い旗が上がり、感じなければ左手の赤い旗が上がります

何回も上下に動かしても、赤旗ばかり上がり、なかなか白い旗は上がりません。

コーディネーター「ペニスは強く握ったらだめ、優しく包んで手首を早く動かしなさい」と言われ、何回かやっているうちに、ようやく白い旗が上がりました。

私はヤッターをと思い、同時に男性器を見てもどうにか羞恥心も薄らぎましたが・・・

さすがに次のレッスンは本当に驚きました。

コーディネーター「それでは次ですが、ペニスを口に含んで男性を気持ち良くさせます、これをフェラチオといいます、名前ぐらい聞いた事ありますよね」

コーディネーター「それでは私が最初にやってみます」と言って男性器を口に咥えこれも上下に動かしました。

私は驚きを超えてあきれ返って見守りました。

コーディネーター「それではやって下さい、ペニスに歯を当ててはだめですよ、口を上下に動かしたら舌で亀頭を転がすようにして下さい」

私はおもわず「そんなオシッコが出るところを口に入れるのですか?」と汚い事はできそうも無いので聞いてしまいました。

コーディネーター「そうですよ、ペニスを口に咥えてあげると男性は一番喜びますよ、彼を本当に好きなら汚いなんて思わないはずです」

私は恋人や夫婦はこんな事を皆やっているのかなと思い、同時に彼を喜ばす為と割り切り、思い切って男性器を口に含みました。

最初は上手くいかず、またまた時間がかかりましたが何とか白旗が揚がりました。

ここまで約1時間20分位かかりました、これで終わりかと思ったのですが、最後にすごい事が待っていました。

コーディネーター「それでは最後のレッスンに入ります」と言って、

着ている白衣を脱ぎ、下着でピンクのTバックパンティも脱ぎ捨て、ブラジャーだけを身に付けてベットに上がりました。

私は何が始まるのか解からず見守っていたのですが・・・・

コーディネーターは仰向けになっているモデルの顔の上にまたがり、あそこをモデルの顔のすぐ上に持って行き、自分は男性器のほうに倒れ

男性器を口に咥えてフェラチオしています。

後で教わったのですが、69(シックスナイン)といい女と男が互いに性器を舐め合う行為なのだそうです。

コーディネーターはこのフェラチオが一番男性が感じる角度で女性のオマンコ(コーディネーターはこう呼んでいます)も彼に見せながら舐めてもらうので効果抜群だそうです。

さすがにここまでは出来そうも無かったので「もういいですよ」と言ったのですが・・・

コーディネーター「なにを言ってるんですか、ここまで来て、これが一番大事な行為ですよ」

私 「・・・・・」

コーディネーター「彼が一番喜ぶんですよ、これが出来たら浮気もしなく成るし、貴方を一番愛してくれるはずよ」


私 「・・・・・」

コーディネーター「貴方のオマンコは目隠ししてあるのでモデルには見えないので恥ずかしがる事無いわよ」

あまりにもコーディネーターが熱心なのでとうとう決心が付き、スカートを脱ぎました。

パンティストッキングを脱いでパンティを脱ごうとしたら

コーディネーター「ちょっと待って、貴方いつもこんなパンティ穿いているの?」

私  「ええそうですけど」

コーディネーター「これじゃ、おばさんパンツじゃない、もう少しセクシーパンティを穿かなきゃだめよ」

私   「そうですか、下着までオシャレを考えた事なかったので」

コーディネーター「男性はセクシーなパンティで興奮するものよ」

コーデネィター 「あ それから彼の前ではあれを言うとき男性器じゃだめ、おちんちん か ペニス 女性のあそこは必ずオマンコよ」

私   「・・・・・」

コーデネィター 「私のオマンコ見てと言える? 言ってごらんなさい」

私 「そんな事言えませんよ」

コーデネィター 「言ってあげたら喜ぶのにね、とりあえず始めましよう」

私はモデルの顔のすぐ上にオマンコを持って行き、口でペニスを咥えてフェラチオ始めました。

暫らくしたら白旗が上がり、モデルの男性がああ気持ちいいと言ってくれました。

コンドームのつけ方を教わり、最後に手でしごいて出てきた我慢汁を教わり、勢い良くペニスから大量の精子飛び出して顔にかかった時は本当に驚きました。

絶対に彼にもやってあげるつもりです。

コーデネィター 「もう教える事無いわ、彼は十分喜ぶはずよ」と褒めてくれました。

全ての所要時間は約2時間位でした。

射精後のチンポをシゴき続ける素人娘達

ビン勃ちチンポ見せつけたら、メスになる仲居さん

コンドーム選びに革命

ピュアな女の子の恥らう姿に大興奮

【CFNM】の自動更新動画

そり勃つチ○ポを前にして戸惑う素人娘達

今までのどの女より気持ちいい極上の名器

男性の健康相談に乗ってもらえませんか?

ムラムラと香りたつ…溢れ出る本気汁を抑制出来ない女子校生のオマンコを超接写

管理人おすすめ他サイトの更新情報

手加減知らない素人娘達の悶絶手コキ責め初体験

不動の人気を誇る 【CFNM】作品

芸能人並のルックスのイケメンが初登場普段通りのオナニーを見せてくれる

CFNM体験談 募集中。

CFNM体験談を下記のメールフォームよりご寄稿ください。 当サイトにてご紹介させていただきます。 ※内容により掲載できない場合もありますご了承下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

動画見放題チャンネル

女性向けのラブグッズ
初めて見るセンズリ『…ガマン汁…すごい出てる…』
フェチ作品
『あぁ…オチンチンが…あんなに硬そうに反り返って…』
女性支持率NO1 バイブ
目の前でギンギンに勃起した男性器!『うわ…あんなに…勃ってる…』
スエーデン発究極バイブ
『えぇぇぇ…精子って…こんなに飛ぶんですか!?』
このラブドールがあればもう彼女なんていらない
ウブな素人娘の眼前のチンポ『あの…少しだけ…イイですか?』に
旦那のソレとは違うたくましい肉棒
欲求不満?ただのチンポ好き?初めて見る男のセンズリ
生チ●ポに明らかに興味津々の若妻
『え?スゴぃ…おっきい…』『男の人ってこうやってシテるんだぁ…』
『あぁ…あんなに大きいの…挿れたら…』
リンク
人気書き込みランキング
訪問者数
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。