FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんな大きなペニスが本当にお姉ちゃんのあそこに入るのかしら

小さい頃から絵を描くことやデッサンが得意で今でも暇さえあれば

何かを描いています。

将来はグラフィックデザイナーやイラストレーターを目指している

二十歳の誕生日を迎えたばかりの美大に通う女子大生です。

男性経験はほとんど無くキスの経験は2回位在りますが

セックスはまだありません。

オナニー覚えたのも遅く高校2年の終わりごろでした。

そんな私でも大学に入ってからは彼氏が欲しくてよく合コンに参加します。

その日も夕方から始まる合コンに友達3人で行き

いつもならソフトドリンクで済ますところ今回は話が合う男の子がいた

事もあって飲めないのにハイボールを3杯も飲んでしまいました。

頭がクラクラになって家に帰るまでの気力がなくなり

タクシーで20分位の今年結婚したばかりで5歳年上の姉のマンションに

泊めてもらう事にしました。

マンションに着くなりバタンキューで寝てしまった後

夜中に隣室からの話声で目が覚めて姉の部屋のドアをそーと開けて覗くと

ベッドに備え付けの照明の薄明りから目に飛び込んできたのは

一糸まとわない全裸姿の姉が四つん這いになり顔は枕に付けて

上に大きく突き出して盛り上がったお尻を全裸の義兄が両手で

開き、顔を埋めようとしているところでした。

「あ~いい、後ろから舐められると一番感じるわ、ああああ・・」

姉の秘部からお尻の穴まで舌を這わせている行為を目のあたりにみて

頭の痛さなど吹っ飛んでしまい初めて見る光景にただただ見入ってしまいました。

「ケツをもっと上に向けて足を大きく開け」と言いながら

義兄が膝まずいてかがんでいる姿勢から上半身を垂直におこしました。

ベッドの横に備え付けてあるライトが

大きく勃起してそそり立った義兄のペニスを照らしていて

テカテカに光って充血した真っ赤な亀頭の先端からは透明な液がたらたらと糸を

ひくように垂れているのが見てとれます。

薄明りの部屋のなかで裏筋まではっきり見えるペニスだけが浮き上がっていて

私の胸はドキドキ超興奮状態です。

あんな大きなペニスが本当にお姉ちゃんのあそこに入るのかしら

私は高ぶる感情の中でもそんな事を心配していました。

「あ~もう我慢できない、早く入れて・・・」

何時も上品ぶっている姉の口から信じられないくらい多くの恥ずかしい言葉が

出てきてペニスの挿入を要求しています。

義兄は天井に向かってそびえ立つペニスを水平にして剥きだしに膨れ上がった

クリトリスを数回亀頭の先で擦り上げて、子宮口にむかってあてがい

一気に押し込みました

「あ~いい・・・・」

私は余りにも衝撃的な出来事に全身の力が抜けてその場に座り込んでしまい

やっとの思いで部屋に帰りました。

布団の中に入っても義兄の勃起したペニスが走馬燈のように浮かんできて

中々寝付かれず自然にパンティを脱ぎすて割れ目に右手の人差し指を沈めて

擦るように動かして、左手は胸を揉んでいます。

勃起ペニスを思い出しオナニーで最高の快感を味わっていながら

なぜか勃起ペニスをデッサンしてみたい感情が湧いてきたにです。

早速、翌日合コンで知り合った男の子に連絡してモデルの依頼をしてみました。

周りくどい言い方はしなくて、ズバリ ペニスを書かせて欲しいと

言ってみたところ意外にもあっさり了解してくれて

むしろ彼の方が積極的になっていたように思われます。

後で分かった事ですが彼はペニスを女性に見られたい願望があったみたいです。

早速、時間単位で借りられるアトリエに二人で行きました。

私には余りお金が無く時間が惜しいのですぐ脱いでもらう事にしましたが

勃起ペニスを描きたいので、どうしたら立たせられるか経験の無い

私には分からなくどうしたものかと思っていたところ

既にパンツの前が盛り上がっているのを見て余計な心配がなくなりました。

最初、彼の望みはパンツを私から脱がして貰う事と、手と口で射精してもらう

条件を出してきたのですが私はパンツを脱がす事しかできないので

結局自分でオナニーしている所を見てあげる事で決着済みでした。

股間のモッコリをじっと見つめながらパンツを一気に下げました。

私の目に飛び込んできたのは想像していたペニスとは全く違う

皮が被った細長いペニスでした。

つづく

撮影が終了時に手コキとフェラを

色々な写真コンテストに入選し、新鋭女流カメラマンとしてもてはやされて得意になり

自分で言うのはなんだがルックスもスタイルもまぁまぁだと思うし

十分にやっていける自信があったのでフリーになった。

しかしながらこの業界は甘くないのがフリーになってやっと分かったのだ。

全く食べていけず、それでもアルバイトしながら好きなカメラの世界に

しがみついていたら先輩が見かねて仕事を回してくれた。

凄く嬉しくて感謝、感謝で直ぐ引き受けたのだが、よく話をきいてみると

金持ちマダムの高級会員制クラブで帰る時にお土産として渡す

小冊子に載せる写真の依頼だった。

しかも題目は美少年として決まっていて風景が専門の私にとって

人物は余り経験がないのでちょっぴり不安が覚えたが

それでもいいかと思い担当者の元に出向いた。

そこで前任者が撮った小冊子を見せてもらった瞬間心臓が止まるかと

思った位ビックリ仰天・・

イケメン男性が素っ裸でボカシも入れず色々な角度から写してある

しかも立派な男根がアップの写真もあり、それどころかページをめくると

オナニーで射精の瞬間をコマ送りで写してあるではないか

担当者は会員様を厳選してあるので出回る事はないし問題は起きない

それにカメラマンの名前は絶対に出ないなどと話してくるが

こんな写真は撮れないと丁寧にお断りした。

この小冊子で毎年高額の会員料を収める女性が多いらしく

担当者はプロのカメラマンにお願いしたいと熱意を込めて懇願してくるので

一応条件を聞いてみたらビックリするぐらいギャラがいい。

モデルは私が探す条件とはいえ一回の小冊子分で二ヶ月は生活できる

随分迷ったあげく

背に腹は代えられずギャラの良さにひかれて引き受けてしまった。

早速、写真学校時の同級生や先輩などを頼ってモデルをさがしてみたところ

希望者はケッコーいるのだが素っ裸の話になるとほとんど引いてしまう

中には高額を要求するものもいるが自分のギャラからだすしかないので

それは出来ない。

と言っても無報酬で引き受けてくれるイケメンの知り合いはいないし

困ったなと思っていたら写真学校の同級生が紹介してくれた。

彼は同じ学校らしいが学科が違うので名前もしらないし顔も覚えていない。

しかし相手は私のことを良く知っているらしい

私とは何回か話した事があるらしく

当時から私に好意を寄せていたみたいなのだ。

取りあえず会ってみたところ何となく見たことがあるなと思いながら

余り覚えていない、それでもイケメンなので申し分なくモデルの趣旨を説明した。

彼は黙って聞き終わった後自分の事を色々話し出したのだ

今は超有名カメラマンのアシスタントをしている、彼女はいない

私を前から好きだったなどなど・・

私は全く関心が無く聞き流していたら最後になんと

ギャラはいらないが一回抱かせろと言ってきた。

私を好きだったのではなく私みたいなタイプとセックスをしたいらしい

冗談じゃないと思いつつ

ネガを渡す約束の期限まで迫っていてこれを逃すと間に合いそうもない

そこで最後に手コキしてあげる条件をつけてみた。

それでは納得できないと言ってきたので

即断で私も諦めると伝えた。

もうこの仕事は諦めるしかないと思い、最後の雑談でクライアントからは

男根の大きさも指定があり小さすぎてはいけないと話してみたところ

彼のほうから意外の言葉が帰ってきた。

自分の男根に自信があるのかプライドがあるのか私に見てほしいと

言ってきたのだ。

しかも大きさがOKならその場で手コキ、撮影が終了時に手コキとフェラを

してくれたらモデルを引き受けると言う

考えたあげく絶対に何もしない条件で近くのホテルに行き男根を見てみる事にした。

ホテルに着いて早速ズボンを脱いだらパンツは見事のテントを張っていて

白いブリーフの出っ張った部分は濡れている。

そのまま一気にパンツを下げると勃起して天井に向かって反り返った男根

が出てきた、確かに大きい、自信を持っているだけの事はあるが

私の体験では勃起した男根は多少の違いはあるが大体は大きい

今回は通常時の大きさも大事なのだがこれでは分からない

それも勃起時がこれだけ大きければいいかと思い手コキをしてあげた。

三日後の撮影日を決め、男根とお尻の穴も撮るので良く洗ってくるように

指示をして別れた。

続く

下着のモデル

大学卒業後あこがれのアパレルメーカーで仕事をしています。

この会社は既製服(紳士・婦人・子供服など)を企画・デザイン・生産して

小売店に納品しています。

納品も外部委託しないで新入社員が最初の1年間は配送を受け持ちます。

大きなダンボールに詰めて数個一度に運ぶので僕には向いていました。

僕の趣味は身体を鍛える事で学生時代から工事現場などでバイトしてそのお金で

スポーツジムに通い身体を鍛えていた為台車ななど使わず両肩に担いで運んでいました。

ある日の真夏にチエーン店の本社の倉庫に運んだ時、誰も見て無いと思い 

つい上着とワイシャツを脱いでダンボールを運んでいたのを

たまたまそこの女部長の目に留まったみたいです。

課長「取引先の部長から君指定でモデルの依頼があったので行ってくれ」

「どうして僕なのですか?あまり気が進みませんが・・」

課長「どうして君なのか分からないが

うちの会社にとって一番のお得意様なので頼むよ」

「・・・・・・・」

課長「あ、それから何があっても断れないからな」と

きつい言葉で言ってきました。

僕は嫌な予感がしつつ翌日早速指定された現場まで行って見ると

既にカメラがセットしてあり本格的な撮影所のようです。

しかも女性だけ6人もいます。

「よく来てくれたわね、宜しくお願いね」

と言って出迎えて呉れたのは40代の女部長でした、魅力的で凄い美人です。

「宜しくお願いします」と言った後 商品の説明を聞いた時驚きよりもショック

を受けました。

僕はてっきりスーツか紳士服だと思っていたら何と下着だったのです。

しかも他社製品のパンツです。

「・・・これですか?」

僕は本当に驚いた顔をしたのを女部長が見て

「そうよ!今度うちで男性下着を扱う事になったのよ、聞いてなかった?」

「知りませんでした」

「おかしいわね、ちゃんとおたくの課長さんに説明したのに・・」

言葉は優しいけど目は僕を睨め付けています。

僕か観念するしかなく

「分かりました」と答えると

美人部長はホットとした顔で

「着替える前に奥の部屋にシャワー室があるから身体綺麗にして来てね

特にお尻とあそこを良く洗ってね」と笑顔で言って来ました。

サンプル商品を汚さない為でしょうが美人の女性から

そんな言葉がでるのはビックリです。

「洗い終えたらバスローブがあるからそれだけ羽織って来てちょうだい」

僕は言われたとおり洗い終え、バスローブを着て出てくると

シャワー室の脇には衝立が用意してあり美人部長以外の女性達からは

見えないようになっています。

「それじゃあ着替えて貰う前に汚れがないか調べるからバスローブを取って」

何と、とんでもない事を言ってきました。

こんな事になるなんて想像してなく拒否して帰ろうかと一瞬思ったのですが

課長の言葉が頭に浮かびどうしても行動に移す事が出来ませんでした。

観念して言われた通りにするしかありません。

後ろ向きになりバスローブを脱ぎました。

美人部長はお尻の穴を汚れがないかじっくり観察しています。

「お尻は綺麗だわ、それじゃこっちに向いて」

いくらお得意先とはいえここまでされると我慢の限界を超えています。

「そんなことできませんよ」

「恥ずかしいかもしれないけど、これも仕事だと思って我慢してね」

「・・・・・・・」

「サンプル商品は一枚しか用意してないのよ、それを汚されると代わりがないのよ」

だんだん美人部長の言葉がきつくなってきます。

もう観念するしか無く覚悟を決めて全裸のまま美人部長のほうに向き直して

直立不動で立ちました。

美人部長は正面に立っている僕の裸体をまじまじ見て

「良く鍛えてあるわね、いい身体してるわ」と言いながら

膝まずきペニスに顔を近づけて色々な角度から確認した後

玉袋とペニスを手のひらに乗せてハンカチを出し所どころ拭いています。

40代とは言え魅力的な美人にペニスを見られたり触られたりするのは

恥ずかしさより凄く気持ちがいいものだと初めてわかりました。

当然ペニスが反応しだした時

「良く洗ってあるわ、じゃあ、これから穿いて」と言って

一枚のブルーのビキニパンツを渡され

半立ち状態のまま美人部長の前で穿き終えたら

こんどは他に2人の女性が衝立の中に入って来て僕を囲むようにして

膝まずき商品のチェックを始めたのです。

営業と商品開発の責任者だそうです。

3人でパンツを手で触って素材やフィット感、伸縮性を確認しだしました。

当然フロントであるあそこの部分も何回も触られて反立ちが完全に

フル勃起状態になりビキニパンツからペニスが3分の1位

はみ出てしまったのです。

「これじゃ駄目だわ」と言いながら突然1人がパンツを下げてしまい

勃起状態ペニスがその女性の目の前に勢いよく飛び出してきました。
つづく

射精後のチンポをシゴき続ける素人娘達

ビン勃ちチンポ見せつけたら、メスになる仲居さん

コンドーム選びに革命

ピュアな女の子の恥らう姿に大興奮

【CFNM】の自動更新動画

そり勃つチ○ポを前にして戸惑う素人娘達

今までのどの女より気持ちいい極上の名器

男性の健康相談に乗ってもらえませんか?

ムラムラと香りたつ…溢れ出る本気汁を抑制出来ない女子校生のオマンコを超接写

管理人おすすめ他サイトの更新情報

手加減知らない素人娘達の悶絶手コキ責め初体験

不動の人気を誇る 【CFNM】作品

芸能人並のルックスのイケメンが初登場普段通りのオナニーを見せてくれる

CFNM体験談 募集中。

CFNM体験談を下記のメールフォームよりご寄稿ください。 当サイトにてご紹介させていただきます。 ※内容により掲載できない場合もありますご了承下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

動画見放題チャンネル

女性向けのラブグッズ
初めて見るセンズリ『…ガマン汁…すごい出てる…』
フェチ作品
『あぁ…オチンチンが…あんなに硬そうに反り返って…』
女性支持率NO1 バイブ
目の前でギンギンに勃起した男性器!『うわ…あんなに…勃ってる…』
スエーデン発究極バイブ
『えぇぇぇ…精子って…こんなに飛ぶんですか!?』
このラブドールがあればもう彼女なんていらない
ウブな素人娘の眼前のチンポ『あの…少しだけ…イイですか?』に
旦那のソレとは違うたくましい肉棒
欲求不満?ただのチンポ好き?初めて見る男のセンズリ
生チ●ポに明らかに興味津々の若妻
『え?スゴぃ…おっきい…』『男の人ってこうやってシテるんだぁ…』
『あぁ…あんなに大きいの…挿れたら…』
リンク
人気書き込みランキング
訪問者数
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。